交通事故

人身事故と物損事故の違い

更新日:

不運にも事故を起こしてしまったら、まずは慌てずに二時被害防止策をとり救急車と警察に連絡をしましょう。

人身事故と物損事故の違いは、警察の交通事故処理の手続き上の違いの事をいいます。

人身事故

人身事故は交通事故の際に怪我をしている人がいる場合です。管轄の警察署から交通事故係のバンが現場に来ます。

交通事故係の警察官が現場検証と事情聴取を行い書類を作成します。
最寄りの警察署まで行く事がほとんどです。
けが人が病院に運ばれたなどの事情で現場にいない場合は、後日あらためて現場検証が行われます。

また、加害者側(警察が勝手に決めます。保険屋さんの判断と違う事も多いです。)には刑事処分や行政処分が科されます。
軽傷の場合でも違反点数4点くらいは加算されます。

物損事故

物損事故はけが人のいない交通事故の場合です。
110番通報で駆けつけた警察官が現場で、簡単な書類を作成して終了です。

後日、怪我が出るようであれば人身事故に切り替えてもらう事もできます。
これは”間違いなく事故がありましたよ”という事を警察官に確認してもらう程度の手続きです。

物損事故であれば無事故無違反記録には影響ありません。違反点数も加算されません。


警察官はなるべくなら物損事故として処理したいと思っています。
そのため、擦り傷程度の軽傷のときは物損事故で処理されてしまう事があります。

物損事故で処理されてしまっても、人身被害の保険は問題なく支払われます。

問題があるのは、過失割合などで双方の主張が大きく異なるときです。物損事故で処理してしまうと現場検証が行われないからです。
相手が信号無視をしていた等、相手の過失が大きいときは、軽傷でも人身事故で処理してもった方が安心です。

いずれにしても事故が起きた事が明らかであれば(自演事故等ではないという事)保険屋さんは対応してくれます。

アイコンをタップして問合せる

朝早くても、夜遅くても可能な限り対応いたします。
icontel
line
fb

フォームから問い合わせる

頂いたメールには"info@gentukiichiba.com"から返信させていただきます。携帯電話から送信される方は、ドメイン指定受信などのご確認をお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

ご来店お待ちしております

神奈川県藤沢市宮原3632-1

-交通事故

Copyright© 藤沢市の中古原付 原付市場 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.