過失割合とは

諸費用なしの中古車販売もはじめました

Car市場営業開始!!

原付市場と同じ「表示価格で購入可能」というコンセプトで、中古車販売をはじめました。 お手頃価格の軽自動車をメインに取り扱っています。

過失割合とは

過失割合とは、交通事故の際に双方の過失の程度を、割合で表したものです。

実はこの過失割合は法律で決まっているものではありません。ですから、双方が合意すればどのような割合でもOKです。
数学的にはおかしいですが、8:0とかっていう過失割合で示談するケースもあります。
片側賠償と言います。

とはいっても自分の過失を少なくしたいと考えるのが普通の人だと思います。
そこで過去の判例等からおおよその過失割合の相場というのが決まっています。

例えば二輪車事故で一番多い、”左折巻き込み”の場合では二輪車2:四輪車8というのが相場です。

では、この過失割合はどのように使われるのでしょうか。


巻き込まれた二輪車の修理代が10万円、巻き込んだ四輪車の修理代が60万円だったとします。

それぞれの修理代を過失割合に応じて負担します。

二輪車
自分の修理代10万円のうち2割は自己負担
相手から自分の修理代8割(8万円)を支払ってもらう
相手の修理代60万円のうち2割(12万円)を相手に支払う

任意保険に加入していない場合の負担額
自分の修理代2万円+相手の修理代12万円ー相手から支払われる自分の修理代8万円=14万円
実際には支払いを相殺するので、自分の修理代10万円を全額自己負担し、相手に4万円支払うことになります。
最終的な自己負担額は14万円です。

過失割合は2割しかないのになんだか損した気分ですね。だから任意保険は重要なんです。

任意保険に加入している場合
相手の修理代12万円は保険で支払われます。そして相手から8万円を貰い、自分の修理代のうち2万円は自己負担する事になります。
最終的な自己負担額は2万円です。

自分の修理代は”車両保険”というオプション契約に加入していないと支払われません。しかしバイクの車両保険はべらぼうに高いので加入している人はほとんどいないでしょう。

自動車の場合は車両保険に加入している事も多いので、最終的な自己負担額がゼロということもあります。

ケース別の基本的な過失割合

過去の判例等から一般的な過失割合についてはおおよそ相場が決まっています。この相場から大きくかけ離れた過失割合を主張するのは難しいでしょう。

左折巻き込み
直進する二輪車と左折する四輪車の衝突事故です。二輪車の事故の中で一番多いパターンです。
二輪車はすり抜け中である事が多く、事故直後の現場の空気では二輪側の過失が多い気がしてしまうパターンです。しかし、事故の原因は左折四輪車の”左後方確認不足”と”左車間の空け過ぎ”です。
基本の過失割合は二輪車2:四輪車8です。
次のような場合は0.5〜1程度の過失修正が加算されます。
・二輪車の大幅な速度超過
・四輪車のウインカー不灯

直進二輪車と対向右折車
この事故もよくあります。上記の左折巻き込みと合わせて二輪事故の過半数を占めます。
この事故も同様に、基本の過失割合は二輪車2:四輪車8です。
次のような場合は0.5〜1程度の過失修正が加算されます。
・二輪車の大幅な速度超過
・四輪車のウインカー不灯

但し、信号機が黄色の時は過失割合が逆転し、二輪車7:四輪車3となります。

直進二輪車と路外からの飛び出し
道路の左側を直進する二輪車と、お店の駐車場などから出てきた車との接触事故の場合です。
基本の過失割合は二輪車1:四輪車9です。

一時不停止
二輪車が一時不停止だった場合は
基本の過失割合は二輪車8:四輪車2です。

一方、四輪者が一時不停止だった場合は
基本の過失割合は二輪車1:四輪車9です。

原付やバイクだと止まるのは面倒なものですが、一時停止は必ず止まりましょう。赤信号と同じくらい重要ですよ。

ご来店お待ちしております

原付市場
不在のこともありますので、事前にご連絡いただけると助かります。夜遅くても大丈夫です。
神奈川県藤沢市宮原3632-1

フォームから問い合わせる

頂いたメールには"info@gentukiichiba.com"から返信させていただきます。携帯電話から送信される方は、ドメイン指定受信などのご確認をお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文