ぼったくりバイク屋さん、あなたも狙われてる?

諸費用なしの中古車販売もはじめました

Car市場営業開始!!

原付市場と同じ「表示価格で購入可能」というコンセプトで、中古車販売をはじめました。 お手頃価格の軽自動車をメインに取り扱っています。

medium_9642459678
photo credit: Nicholas Eckhart via photopin cc

 今日は原付バイクの底値について記事を書こうといろいろ調べていたんですが、どうも最安の原付バイクというのが分かりにくく、おやおやっていうのが続々と出てきてしまったので、内容を変更してお送り致します。
私がバイクの市場価格の調査をする時は、GooBikeとバイクブロスを使っています。日本の中古バイク情報サイトの2強だったんですが、いま見たらプロトコーポレーション(GooBike)がバイクブロスを買収ってもはや一社独占じゃないですか(汗 しかも2010年て3年も前に。。。知らなかった。お恥ずかしい。

 で、いつもは保険屋さんと時価額の交渉をするのに利用させて頂いているので、気付かなかったのですが(平均価格をメインに調査するため)、底値を調べようと思ったら使いにくい事というか分かりにくいというか。

一般のお客様、要はバイクを買おうと思ってGooBikeを閲覧する方々は、価格別に調べる事が多いと思うんです。ところがそこには、いろいろと落とし穴があったので書いちゃいます。ほかのバイク屋さんからクレーム来そうな内容です。

実際、この記事の問い合わせフォームからクレーム頂きました。下の方に詳細がありますw

こちらのエントリーでも説明しましたが、バイク屋さんはお客様がどうやって原付バイクを選ぶかを知っています。同時にそこに罠を張っている訳です。ルアーみたいなもんですね。

バイク屋さんが狙っているのはこういうお客様です。

  • 原付バイクは価格の安い順に探す
  • 原付バイクは走行距離が少ない方が良い
  • 原付バイクは見た目が綺麗な方が良い
  • 原付バイクに実際に乗る為には、4〜5万は諸費用がかかってもしょうがないと思っている

「え?普通じゃん」と思ったアナタ。あぶないあぶない。

原付バイクは価格の安い順に探す

 そら安い方がいいですよ。でもたいてい安いモノには訳があります。私が普通にバイクショップをやっていた頃は、こんな説明をしていました。「2〜3年普通に使用した場合、同じ車種であれば安く買っても高く買っても、ほぼ同じくらいのコストがかかると思って下さい。」

では店頭で安く売られている原付バイクはどんなモノなのでしょうか。これには2つのパターンがあります。

一つ目は客寄せパンダであるって事です。実際に私も経験しましたが、GooBikeのサイトで安い順検索したときに、県内一位くらいになると問い合わせが急増します。
お店に見に来てもらえればラッキーです。さっき売れちゃったんですよ。」でもいいし、エンジン掛けてみたら異音がすごいとかでもいい。「でもこんな車両もありますよ」って2万円くらい高めの車両が登場するでしょう。

「ほかのお店見て回るよりはもうここで決めちゃうか」ってルアーで釣られる事になります。

もう一つは4とかぶりますが、諸費用で水増しされて実際は安くないってパターンです。詳しくはのちほど。
ここで、じゃあ原付市場はどうなのよって思うでしょうが、店舗を構えていない、在庫をたくさん抱えていない、整備修理をしていない、ネットに集中してるなど安くできる秘密があるんです。安い原付バイクなら原付市場をよろしくお願いします。

原付バイクは走行距離が少ない方が良い

 こういうお客様ほんとに多いです。

 400cc以上の車検のある車両は、車検の際に走行距離が車検証に印刷されます。もちろん走行距離改ざんの防止の為です。じゃあ車検の無い車両はっていうと、業者用のオークション会場とバイク王(最近ではバイク王の会社がオークション会場を買収しましたので一緒)が車台番号と走行距離のデータベースを持っていますので、これに引っかかれば業者用のオークション会場で売られる時とバイク王に査定に出したときにバレます。でもこれって中古バイクとして2周目以降って事ですし、そもそも一般のお客様に販売するときにはなんの制限もありません
 しかも、バイクのスピードメーターって転んだりすると、壊れやすいところに付いています。前のオーナーが悪気無く交換している事もあります。

値段も¥3,000程度だし。

ヤフオクにも堂々と出品されています。「マジェスティ メーター 設定」で検索してみるといろいろ出てきます。笑えない。

こんなワケで走行距離はメーターだけじゃ騙されちゃいますよって事。

原付バイクは見た目が綺麗な方が良い

 お客様も分かっているとは思うんですが、外側のキレイさと中身の程度の良さには、なんの関係もありません。でも、外側がキレイだと良く売れます。ほんとに良く売れます。
そうするとお店側としてはどうしても、中身の整備より外側に手間ひま掛けたくなってしまいます。
中身を一生懸命整備してもなかなかお客様には伝わらない。実際には故障が減るし、長い目で見ればお店の評価もよくなるのでやるべきなんですけどね。でもそんな事しなくても、外側キレイにすればすぐ売れちゃう。

方法1 ポリッシャーで磨く

ポリッシャーとコンパウンドを使います。
こんなやつ

これでもってプラスチックパーツを一皮むきます。正確には表面のクリアコート部分をうすーく削ります。そうすると表面のキズが平らになってキレイになります。
buff
これ車なんかでも良く行われますが本当にキレイになります。

磨く前
slooProImg_20141128202513.jpg

磨いた後
slooProImg_20141128202511.jpg

原付市場でマグザムの外装を仕上げた時の記録です。

方法2 全とっかえ

 実はよっぽどのマイナー車以外は社外の(悪くいえばコピー品の)安い外装キットが大量に出回っています。これイマイチ寸法が合っていなかったりして、素人の方が自分でやろうとするとうまくいかないんですが、バイク屋さんはプロなのでキレイに組みます。たいへん重宝しています。
例えばトゥディなら

マジェスティとかも

ホンダやヤマハから純正品を買うとかるく10倍くらいします。でもこの安い外装を組めば見た目は新車同様!安価に修理できてとっても便利です。見分け方はステッカーが貼ってあるかどうかです。純正の外装ならたいてい車名の入ったステッカーが貼ってあります。社外品の場合は貼ってありません。

ただ上記の方法はなんら悪徳な手段ではありません。悪徳なのは外側だけキレイにして中身の整備をせずに販売する業者です。やたらキレイなのに安いのは気をつけましょう。

原付バイクに実際に乗る為には、4〜5万は諸費用がかかってもしょうがないと思っている

 これ今日の本題と言っても良い内容です。車やバイクを買うと本体価格以外に、結構な額の諸費用がかかる事は広く知られています。でも内訳を知っている方はほとんどいないと思います。そして原付バイクの場合は、ほぼ諸費用なんかかかりません
唯一、自賠責保険だけです。2013年現在の価格表は次の通り

1年 ¥7,280
2年 ¥9,870
3年 ¥12,410
4年 ¥14,890
5年 ¥17,330

ぶっちゃけ、これ以外の諸費用はバイク屋さんの車体価格への上乗せです。諸費用ぶってるだけです。

「ナンバー取得代行費用」 ¥3,000〜¥10,000程度、役所までの距離による

お客様の最寄りの市役所へナンバーを受け取りに行くお仕事です。もちろんバイク屋さんに頼めばそれなりの費用がかかるのはしょうがないです。金額的にも¥10,000程度であればぼったくりではありません。
が、お客様が「自分で行きます」っていうのを断るお店はどうかと思います。

「販売証明書発行手数料」 ¥500〜¥10,000程度 ナンバー取得とセットのところもある

これは役所でナンバーの申請をするときに必要な書類です。っていうとなんか格式張ったもののように聞こえますが、原付バイクの場合は特に決まっている書式はありません。これで¥5,000以上とるところはちょっとボッタクリ臭が漂ってきます。「いりません」っていうと「無いとナンバー取れないよ」とか言われます。そんな事ありませんから、領収書に車台番号入れてもらえばそれで大丈夫です。

上記二つで¥10,000程度かつ、自分で行くならタダってお店はかなり良心的です。逆に、これは外せないって言い張るところはボッタクリ濃厚です。

「納車整備費用」 ¥10,000〜¥25,000程度 1か月程度の保証が一緒に付く事がほとんど

原付バイクというものは乗らないで置いておくと、どんどん痛みます。食べ物のようですね。オイルやガソリンは酸化して劣化しますし、タイヤ等のゴムは日に当たって劣化していきます。その為に売約してから整備するってお店も結構あります。そうでなくても、ミラーやバッテリー、ナンバーを取り付けたり、多少の作業は発生します。これらの費用の事です。納車前の最終点検という意味合いもあります。
 でもこれって「車体価格に入れといてよ」って思いませんか? これは1とリンクしているんですがお客様は安いバイクを探すんです。だからバイク屋さんとしては出来るだけ車体価格を安く見せたいんですね。なんだか化かし合いの様なせつないお話です。

GooBikeのサイトでホンダのトゥデイを探してみました。安い順に並び替えるとこんな感じ。
画像はクリックすると拡大します。

支払い総額どうなってんだよ(笑。 先ほども言いましたが原付バイクに必要な最低限の諸費用は自賠責保険だけです。1年で¥7,500。残りの3万円近くはどんな名目なんでしょうか。

私の配慮が足りなかったようで、GooBikeの価格順に並び替えたスクリーンショットに名前が載っていたようです。失礼いたしました。モザイク処理しました。

アイコンをタップして問合せる

朝早くても、夜遅くても可能な限り対応いたします。
icontel
line
fb

ご来店お待ちしております

神奈川県藤沢市宮原3632-1

フォームから問い合わせる

頂いたメールには"info@gentukiichiba.com"から返信させていただきます。携帯電話から送信される方は、ドメイン指定受信などのご確認をお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文