ソチオリンピックの影響で今年のバイク屋さん(バイク王)はこうなる

諸費用なしの中古車販売もはじめました

Car市場営業開始!!

原付市場と同じ「表示価格で購入可能」というコンセプトで、中古車販売をはじめました。 お手頃価格の軽自動車をメインに取り扱っています。

 いよいよソチオリンピックが開幕します。世間はオリンピックとゴーストライターで賑わっておりますが、われわれバイク業界は花粉症とともにハイシーズンがスタート致します。

photo credit: Carmen Rodriguez NSP via photopin cc
花粉症
photo credit: mcfarlandmo via photopin cc

花粉と軽自動車税と新生活の季節

 年度末にナンバーが付いたままのバイクを所有していると、税金が発生します。正確には4月2日の時点で登録されている所有者に課税されます。原付だと¥1000程度です。そこで年度末が近づいてくると、自宅に眠ったままのバイクを買い取ろうと、我々は動き出す訳です。もちろん普段も動いておりますが。
 さらに4月から新生活が始まる方も多いので、原付もよく売れます。そのために仕入れ的な意味もある訳です。

 テレビでオリンピックを観ていると、やたらとバイク王のCMが多い事に気づきます。ネット上にはありとあらゆるところに、バイク王の広告が登場します。どれほどの広告費を投入しているのか恐ろしいですね。そして不動産業界のCMも爆発的に増えます。というかこっちの方が多いかな。

 われわれ業者が中古の原付を買い取った後は、程度に応じて次の3パターンに分かれます。

店頭で販売する

 バイク屋さんに取っては一番おいしい部分でもあります。バイクを買い取る際は最悪の事(自分の店では売れない)を考えて、バイク屋さん専用オークション相場で買い取りますから、買い取った原付を店頭で販売できれば一番儲かります。
 特に、自社で販売したバイクの場合は故障履歴等もある程度分かっていますから、安心して再販できます。

オークションに出品する

 ヤフオクじゃないですよ。業者専用のオークションです。普段はここで中古バイクの仕入れをします。悲しい事にオークションに出品されているバイクの90%がバイク王の出品です。会場もバイク王の運営もしくは子会社です。
 客層に合わないとか、程度が悪すぎるとか、様々な理由で店頭販売できないときにはオークションに出品します。

輸出業者に売る

export
photo credit: Håkan Dahlström via photopin cc

 町のバイク屋さんには、バイクの輸出を専門にする業者の方々が営業に来ます。彼らが原付の底値を支えています。特に、原付の場合は輸出業者の相場にモロに影響を受けます。一番人気はぶっちぎりでヤマハ、2番手がホンダ、以上って感じです。スズキはあまり輸出向きではありません。

オリンピックの影響

 さてオリンピックの影響です。ソチオリンピックのテロ対策の為にロシアの税関が機能していないらしいです。って業者の方が言っていました。ググってみましたが何も出てきませんでした。。。
すごいざっくりですが、ホンダ車の輸出先はロシアが多いです。ヤマハはアフリカと東南アジアって言われます。なんでかは分かりません。ごめんなさい。
 で、ホンダ車の輸出が止まっているという話です。輸出業者の方はオークションにも参加していますので、彼らが輸出用のホンダ車を買わない(もしくは安い)となると全体の相場がその分下がります。

そんな訳で今シーズンはホンダの価格が3割ほど下がり、その分ヤマハの価格が2割ほど上がりました。自宅にヤマハの原付が眠っている方は今年がチャンスかもしれませんよ。

 

バイク業界も世間のニュースで動いている

 リーマンショックで原油高の時は、バッテリーとタイヤの価格が1,5倍という凄まじい値上がりっぷり。もちろん販売価格に上積みできないので大変でした。
 北京オリンピックのときは鉄の価格が上昇し、解体した鉄くずと廃バッテリー(中にレアメタルが入っている)が高く売れました。
 さらに民主党時代は、震災の影響もあり円高でした。もちろん輸出相場が事実上の値上げ。という事はオークションの底値が上昇するので仕入れが高くなるっていう。。。
まあ、そんなこんな毎年いろんな影響をうけながら今年もがんばって参ります。

 ご自宅に眠っているバイクがありましたら排気量、メーカー問わず回収に伺います。原付市場では、最初のお電話でかなり現実的な価格(現車をみてもほぼ変更無し)をお伝えしますので、お電話ください。

ご来店お待ちしております

原付市場
不在のこともありますので、事前にご連絡いただけると助かります。夜遅くても大丈夫です。
神奈川県藤沢市宮原3632-1

フォームから問い合わせる

頂いたメールには"info@gentukiichiba.com"から返信させていただきます。携帯電話から送信される方は、ドメイン指定受信などのご確認をお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文