レッツー2:整備記録「ネイビーブルー」

諸費用なしの中古車販売もはじめました

Car市場営業開始!!

原付市場と同じ「表示価格で購入可能」というコンセプトで、中古車販売をはじめました。 お手頃価格の軽自動車をメインに取り扱っています。
Exif_JPEG_PICTURE

レッツ2のキャブ清掃の整備記録になります

前回はビーノのキャブレタオーバーホールを実施し、キャブレタの構造的な説明などをしました。
今回はレッツ2のキャブレターをオーバーホールします。キャブの基本構造は一緒なのでレッツ2特有の外しにくさが分かりやすくなればと思って書いております。
赤丸はネジ類を外す場所です。

メットインを外す

Exif_JPEG_PICTURE

エアークリーナーを外す

まずはカバーから。
Exif_JPEG_PICTURE
エアクリ下部の10mmを抜きます。
Exif_JPEG_PICTURE
キャブと直接つながっている、エアクリダクト部のプラスをネジを緩めます。ダクトホースが外れれば大丈夫なのでネジは外さなくても大丈夫です。
Exif_JPEG_PICTURE
上から見ると
Exif_JPEG_PICTURE

キャブに繋がるラインを抜く

赤ひし形の部分はオートチョーク端子です。慎重に真上に抜かないと折れる事があります。破損すると冬場のエンジン始動に支障をきたします。
Exif_JPEG_PICTURE

先に周りのラインを抜きます。抜いた場所を覚えておかないと後で大変です。できれば機能と連動させてこのホースはアレで…といいながらやると盛り上がっておすすめかも。
Exif_JPEG_PICTURE
このボルトと反対側にもう一個ある同じやつ。こいつらがちょっと厄介。
Exif_JPEG_PICTURE

レッツ2のキャブレター外す工具セットの作り方

クイックスピナーを外した裸のラチェットに、10cmのエクステ(ユニバーサルだとGood)とコーケンのナットグリップ付きソケットを装着。
狭くて外装を割らないように気をつけないと「もうスズキ車やめよ〜」ってなっちゃいますよ。ちなみにアドレスV100はもっと狭い…
気を取り直して指先に神経を集中し、コーケンのナットグリップに感謝して回そう。
反対側は片口のスパナを入れてコツコツ外すしかない。コツは焦らない事だ。

キャブレターを外す

オートチョークを取り外します。
Exif_JPEG_PICTURE
中のカバーを外しも外します。
Exif_JPEG_PICTURE
オートチョークはプラス1本です。ここも破損しやすいので真っすぐ慎重に抜きます。
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

キャブレターを開ける

プラス2本ゆるめてフロートチャンバーを開けます。
Exif_JPEG_PICTURE
けっこう汚れていました。レッツ2は割と汚れやすい印象があります。冬場などにちょっと乗らずに置いておくと、キャブレターがガソリンで詰まって始動しなくなってしまいます。
Exif_JPEG_PICTURE
キャブクリーナーは色々有りますが、泡タイプが使い易く気に入っています。
Exif_JPEG_PICTURE
ジェット類/フロートを外しそれぞれ通りを良くします。
Exif_JPEG_PICTURE
オーバーホール完成。
Exif_JPEG_PICTURE

組み込みは外した手順を逆に行います。

え? コツ?   焦らないことですよ。

アイコンをタップして問合せる

朝早くても、夜遅くても可能な限り対応いたします。
icontel
line
fb

ご来店お待ちしております

神奈川県藤沢市宮原3632-1

フォームから問い合わせる

頂いたメールには"info@gentukiichiba.com"から返信させていただきます。携帯電話から送信される方は、ドメイン指定受信などのご確認をお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文