スーパーディオ(黒)整備記録

諸費用なしの中古車販売もはじめました

Car市場営業開始!!

原付市場と同じ「表示価格で購入可能」というコンセプトで、中古車販売をはじめました。 お手頃価格の軽自動車をメインに取り扱っています。

スーパーディオのメンテナンス

駆動系オーバーホール〜ベルトとウェイトローラー交換

今回はキャブ清掃とエアークリーナーフィルター交換を一緒にするので、エアクリBOXも外しました。
ベルト交換だけ交換する場合は、エアクリBOXの下にある10mmのボルトを2本抜くだけで大丈夫です。
Exif_JPEG_PICTURE
キックペダルがついているカバーを8mmのレンチで外し、プーリーケースを開けます。
Exif_JPEG_PICTURE
カバーを外したら、左「プーリー」側17mmと右「クラッチ」側14mmを緩めます。
Exif_JPEG_PICTURE

ウェイトローラー交換とスピードの関係
ウェイトローラーは重くすると最高速が伸び、軽くするとスタート初速が速くなります。
そこで1個8g(6個)計48gにすると初速~最高速のバランスが非常に良いです。
ベルトが新品であれば初速も速く、最高速もメーターオーバーの70km位まで伸びます。
社外スポーツマフラーや社外エアクリに変えるとキャブセッティングが必要です。
きちんとセッティングが出せないと、エンジンにダメージを与えます。
上記の改造はレース車両に近づけると言う事で、エンジンへのダメージがある為、寿命が短くなります。
そのため、当店では社外スポーツマフラーやエアクリは販売車両に採用しておりません。
ベルトやウェイトローラーの変更は自転車の高速ギア(スプロケット)を大きくする様な作業なので
エンジンへのダメージも無い上、バイクいじりが好きな方は、重さを変えて変化を楽しめる作業だと思います。

プーリーケースを開けたついでに、ベルトを挟む皿(プーリーフェイス)も磨きます。
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

プラス/キックギア内部も・・・
Exif_JPEG_PICTURE

「キャブレターのオーバーホール」

2stのキャブはオイルとガソリン、空気を混合する部品です。中にはメインジェット/スロージェットと
縫い針も通らない様な、細い管のパーツがあります。非常に重要な作業です。
Exif_JPEG_PICTURE
キャブの外装がギトギト油でべったりなんて、良くあるケース
Exif_JPEG_PICTURE
外装の汚れをしっかり落としてから開けないと大変なことに。キャブの中に入っちゃうと(>_<;)余計な作業が増えてしまいます。
Exif_JPEG_PICTURE
外装汚れを落とした後にネジ2本を抜き蓋を開けます。
パーツクリーナー/キャブクリーナーを使い分け、キャブの内部とジェットを綺麗にします。

手が汚れる作業の上、熱中していて(^。^;)作業手順の参考画像が少なく恐縮です。

エアークリーナーのフィルター交換

エアフィルターは消耗品の中でも安い部品です。ネジ5本外すだけの簡単な作業のわりに大事な部分なので、たまに見てやると良いです。
Exif_JPEG_PICTURE

その他にもたくさんのチェックポイントがございますが、
今回はキャブレター~駆動系~吸気系のメンテナンスを掲載させて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

アイコンをタップして問合せる

朝早くても、夜遅くても可能な限り対応いたします。
icontel
line
fb

ご来店お待ちしております

神奈川県藤沢市宮原3632-1

フォームから問い合わせる

頂いたメールには"info@gentukiichiba.com"から返信させていただきます。携帯電話から送信される方は、ドメイン指定受信などのご確認をお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文