*

ライブディオにリアスポイラーを取り付けてみました

公開日: 最終更新日:2014/12/09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LEDストップランプ付きリアスポイラー取り付け

ライブディオにZX風のリアスポイラーを取り付けてみました。ブレーキランプと連動するLEDハイマウントストップランプも取り付けました。
キャリアをリアスポイラーに交換すると見た目の印象は大分変わりますよ。

必要なもの

材料

LEDストップランプ付きリアスポイラー
リアスポイラーキャップ
ギボシ端子オスメスセット2組
絶縁テープ
ハンダ

工具

マイナスドライバー2番
プラスドライバー2番
プラスドライバー3番
10mmのレンチ
電工ペンチ
半田ごて

あると便利なもの

ワイヤーストリッパー
テスター
収縮チューブ

外装をバラす

サイドモールを外す


❕マークのところのクリップを外します。クリップの頭をマイナスドライバーで軽く押してあげると、スルッと抜けるようになります。
✖️マークのところのプラスネジを外します。3番のプラスドライバーを使います。2本あるので両方外します。
クリップとネジが外れたらサイドモールを少し後ろへずらして外します。
左右それぞれ外しましょう。

メットインとリアキャリアを外す


青い矢印のところに“スタンドロックの黄色いレバー”が付いているので外します。2番のプラスドライバーを使います。
赤い矢印のところの10mmのボルトを外します。
最後にオイルキャップとパッキンを外すとメットインが上に抜けます。

写真が無くて申し訳ありませんが、メットインを外すとキャリアを止めている10mmのボルトが出てくるので外します。キャリアは三ヶ所のボルトで留まっています。

ボディカバーを外す

ボディカバーはクリップ三ヶ所で留まっているので、サイドモールのクリップと同様に外します。

防犯のため写真はありませんが、メットインロックケーブルがある車種はメットインロックケーブルを外します。

クリップとケーブルを外したら、爪を折らないように気をつけて、斜め後ろ上方向へ抜くと外れます。

テンルランプユニットを外す

1番後ろの10mmのボルトを2本外して、テールランプユニットを外します。

ストップランプの配線を結線する

ストップランプの配線を探す

テンルランプユニットの後ろの黒いカプラーを外します。
カプラーには3本の配線が繋がっていてそれぞれ、緑→アース、緑/黄→ストップランプ、黄→テールランプです。
今回はストップランプと連動させるので緑と緑/黄に配線をつなぎます。

結線する


電工ペンチを使って写真のように配線の被膜を一部だけ剥きます。
間違えて黄色い配線を切ってしまったので、端子でつなぎました。気をつけましょう。汗

ワイヤーストリッパーがあると便利です。

次にリアスポイラー側の加工をします。LEDストップランプから出ている配線の、カプラー部分を切り落とします。長いほうが作業が楽なのでなるべくカプラーに近いところで切ります。先端を2cmほど剥いて、ねじっておきます。

リアスポイラー側の配線を、車体側の剥いた所に固結びします。赤/黒と緑、赤と緑/黄になるように結線します。逆にしてしまうとLEDが点灯しないので気をつけましょう。

こんな風になります。

点灯テスト

2本とも結び終わったら、点灯テストをします。キーをオンにしてブレーキを握ってみましょう。バッテリーが上がっている場合はエンジンをかけてテストします。LEDがブレーキと連動して点灯すれば大丈夫です。

補強して絶縁する

点灯テストに問題がなければ、固結びした部分をハンダで補強します。

最後に結線部分を絶縁テープで巻いて、絶縁します。

ギボシ端子をつける

このままでも動作に問題はありませんが、脱着できないと整備するときに不便なのでギボシ端子で脱着できるようにします。

リアスポイラーのステーの先端から3cmくらいの所で配線を切ります。

車体側の赤/黒の配線にオスのギボシ端子を、車体側の赤の配線にメスのギボシ端子を電工ペンチで取り付けます。
リアスポイラー側は逆に取り付けて、元通り組み合わさるようにします。

車体側

リアスポイラー側


メスとオスは決まっているの?

オートバイや自動車のボディ(フレーム)にはマイナスの電流が流れています。これは配線を節約するためで、バッテリーのマイナス端子とボディをつなげてあります。ボディアースと呼びます。
プラスの端子がボディに接触するとショートしてヒューズが飛んでしまう事があります。そのため、端子がスリーブで隠れるメス端子をプラスの配線に使用する事になっています。

組み立てる

バラした時と逆の手順で組み立てます。
メットインロックケーブルの取り付けを忘れて、メットインを閉めてしまうと開かなくなってしまうので気をつけましょう。
最後にリアスポイラーキャップを取り付けて完成です。



かっこよくなりました。

原付市場は修理にも自信があります

次のような時はご相談ください。お力になれると思います。

①出先で原付が故障してしまった。
②動かない原付を修理して乗りたい。
③自分で修理しようとして失敗してしまった。
④修理について聞いてみたい。

アイコンをタップして問合せる

朝早くても、夜遅くても可能な限り対応いたします。LINEからメッセージを頂くと全店舗のスタッフが見れますので早く対応できます。
icontel
fb
友だち追加数

フォームから問合わせる

こちらのフォームへのお問合せへはPCアドレス「info@gentukiichiba.com」より返信されます。PCメール拒否等されている方はご確認ください。auの方は標準でPCメール拒否設定になっています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイク屋さんが普段使っているオススメのドライバー

ドライバー 最も使用頻度の高い工具がドライバーです。月並みですが一口にドライバーと言っても様々な種類...

記事を読む

トゥデイ外装交換~シート張替え

外装交換 「トゥデイ前期型に多い塗装剥げ!今回は外装交換の手順とポイントを綴らせて頂きました」 「赤...

記事を読む

ライブディオブラック再生

先ほどシルバーのライブディオの再生に失敗しましたが、気を取り直して本日2台目に取り掛かります。同じラ...

記事を読む

【動画有り】折れたネジの外し方 絶対に外せるバイク屋さんの方法

自分で作業中にネジを折ってしまいとれなくなってしまった方から、ご依頼を頂いて作業しました。かなり奥ま...

記事を読む

外装交換

ビーノの外装交換しました カラーは各種お選び頂けます。20,000−...

記事を読む

ライブディオのプラグ交換しました。所要時間5分

ホンダライブディオ白のエンジンが機嫌良くかかってくれなかったので、プラグを交換しました。とっても元気...

記事を読む

ビーノ整備記録

2stビーノ整備 @キャブレター=オーバーホール @インテークマニホールド=交換 @エアークリーナー...

記事を読む

マグザムの外装仕上げ

半年放置のマグザム 雨ざらしで半年ほど放置されて、エンジン不動の状態でした。 ブースターつないで始動...

記事を読む

格安原付の整備 空気圧の話

自動車にしろ原付にしろ自転車にしろ、空気圧は月に一回は確認しましょう。実は空気の分子はゴムの隙間から...

記事を読む

【簡単】トゥデイのエアフィルター交換

エアフィルターが汚れてくると、キャブレター適正な量の空気を送る事ができず、混合気のバランスが悪くなっ...

記事を読む

  • icontel
    line
  • まだデータがありません。

  • 「いいね」すると新規入荷車両が確認しやすいよ。

  • フォローすると入荷情報がリアルタイムで確認できるよ。 FBやLINEより早いです。

PAGE TOP ↑