CATEGORY 原付市場の日常

原付市場の日常

2020/02/26 水曜日 雨

スズキ レッツ4 (CA45A-120xxx)
・とりあえず腰上分解。
・ピストンスカートがオイルリングの溝付近まで割れており、破片&オイルリングがクランク室に入ってしまっていた。
・ベアリング駄目かもと思ってエンジン割ってみたら、かなりよく考えられた構造なのか、破片類は全てオイルが溜まる部分に綺麗に集まって沈んでいた。なのでクランクは無事だった。なので再見積もりしお客様にご連絡。
・明日シリンダーとヘッドつけて車体に搭載して完成予定。

原付市場の日常

2020/02/25 火曜日 くもり

販売予定車両ホンダ ライブディオ
バッテリーNG、キックでも始動せず。
・バッテリー中古に替えてセルはOK、キャブまでガソリンは来てる、プラグはオイルその他の汚れでベトベトだったのでキャブから抜いたガソリンで洗って火花確認OK。
・念のためプラグホールにパーツクリーナー吹いて始動確認、セルで始動OK。
・エアスクリューがどうやっても回らないので中古在庫とキャブレター交換
・駆動系内がかなり汚れていた。オイルシールは平気そうだけどベルトは2㎜くらい減っててクラッチシューの山もほぼ無し、ウエイトローラーはそこまで減ってなかったけどせっかくなので交換実施。
・マフラーに穴が空いていたので交換。圧縮9.5kgf/㎠。

原付市場の日常

2020/02/24 月曜日 晴れ

代車予定車両ホンダ トゥデイ(AF61-xxxxxxx)

・残りの作業(通常整備)実施。
・キャブ分解洗浄。アイドリングやけに高いのでオートチョークの位置調整。また、ヒーター部接点も剥き直し。
・駆動系作業。ベルトは長期ストックのアスカの新古を使う。クラッチシューもかなり減っていたので、キャリアごと交換。オイルシール、W/R問題無し。

原付市場の日常

2020/02/23 日曜日 晴れ

代車予定車両ホンダ トゥデイ(AF61-xxxxxxx)

腰上オーバーホール実施。
・ヘッド開けてみたら、オイル切れによりロッカアームとカムが焼き付いた形跡有り。また偏摩耗しており、かなり状態悪かった。
・ピストンも傷が凄く、シリンダーも傷が入っていた。
・ピストンのオイルリングも固着しており、完全にオイル上がりしていた模様。
・シリンダーはホーニングツールで爪がひっかからない程度まで研磨。見た目は若干跡残っているけどおそらく問題無し。
・ピストンキットはアスカの物を組付け。あんま精度高くなさそうだった。
・バルブはそこまで摩耗していなかったので、カーボン落として再利用。

原付市場の日常

2020/02/22 土曜日 晴れ

スズキ GN125
・Fチューブ、Fタイヤ交換。
・エンジンオイル交換。かなり汚れていた。次回早めにオイル交換&フィルター交換を提案予定。
・ブレーキフルード交換。かなり汚れてカスが溜まっていた。
・ガソリン噴霧してチェーンとスプロケの汚れを落としつつ、洗車&バリアスコート。
・チェーンには、チェーンルブ噴いてからビスタックを上塗り。

原付市場の日常

2020/02/20 木曜日 晴れ

ヤマハ ジョグ(SA36J-815xxx)
作業実施。
・プラグ交換、エアフィルター交換(点検時に既に実施済み)
・スロットルボディ分解洗浄。エアフィルターがオイルまみれだったので、もっとドロドロかと思ったらそうでもなかった。
・オイル、クーラント交換実施。
・キックで一発でかかるんだけど、セル回してもかからなく電圧低くて点火していない感じ。なんでだろうと思ってよく見てみたらヘッドライトバルブの点灯が変な事に気づく。エンジンかかっているのにロービーム時になんか暗く、さらによく見てみたらHiとLoのフィラメントが両方点灯していた。
・配線もカバーの外に挟まれる感じで出ていた&ネジが抜けかけていたので、なんかやってあるのかと思いヘッドライトカバーあけてみたら、ヘッドライトユニットが社外品に交換されていた。しかもだいぶ粗悪品。たぶんDIY。当然バルブのソケットも付属してきたと思われる社外品。カプラー見てみたら配線が違く、3本中3本とも違った。
・端子抜いて正しい位置に差し込んだら問題解決。
・駆動系は、Vベルトのみ交換。W/R・クラッチシュー・オイルシール問題無し。
・タイヤ前後&エアバルブ交換実施。
・バッテリー補充電かけてから交換。

原付市場の日常

2020/02/19 水曜日 晴れ

スズキ レッツ(CA4AA-147xxx)
・とりあえずタペット調整の為ヘッドカバー開ける。中はだいぶ綺麗だった。意外とオイル管理良かったのかも。
・タペットクリアランスはかなり広がっていたけどアジャストスクリューは大丈夫そうだったので交換せず。
・サービスデータ見つからなかったが、レッツ4とだいぶ部品共通なので、IN&EX共に0.6mmに調整。
・軽油のせいかプラグはだいぶ煤けていた。電極はかなり減っていた。無交換だったのかも。
・エアフィルターは型崩れはしてなかったけど、汚れとオイル付着が凄かったので交換。
・スロットルボディ、外しやすかったので念のため確認した所問題無し。やはりこの型は汚れにくいっぽい。
・オイル念のため交換と思って抜いてみたら、この前交換したとは思えないぐらい真っ黒だった。軽油のせいかエンジン内部の汚れがたまっていたのか、実は交換されてなかったのかわからないが、後2000kmこのまま走っていたら確実に壊れていたと思う。
・新しく入れたオイルもすでに汚れかけているので、次回オイル交換は早めに指定。
・駆動系はベルト以外は大丈夫だった。オイルシールもクラッチシューも問題無し。
・ミッションオイルも2万キロ走っているので交換。まあまあ汚れていた。

原付市場の日常

2020/02/18 火曜日 晴れ

ヤマハ ジョグ(SA36J-815xxx)

・点検実施。リコールは無し。
・ECUエラー履歴は、スロットルポジションセンサーNGが出ていた。ただ、現状は問題無し。通電してるし、開度も適正値。
・バッテリー上がり気味だったのでとりあえず他の(中古)に交換。キックだとかかるがセルだとかかりづらい。
・クランク若干異音。
・とりあえずプラグ点検。消耗&汚れ酷い。
・エアフィルターはブローバイの吹き返しがひどく、オイルドレンチューブから溢れており、開けた瞬間オイルが大量に出てきた。

原付市場の日常

2020/02/15 土曜日 くもり

ホンダ ライブディオ(AF34-340xxxx)
・外装ステップまで外して、高圧洗浄。
・オイルセンサーからオイル漏れしてそうだったので見てみたら、オイル全く入っていなかった。オイルセンサー故障(センサー部の接点不良)しておりランプが光らなかったみたい。
・なので、原因は焼き付きで止まっただけっぽいので、クランク室に直にオイル注入。
・腰上あけてみたら、ピストンもシリンダーもNGだった為交換。
・エアフィルターとプラグも交換。

原付市場の日常

2020/02/14 金曜日 くもり

ホンダ タクト(AF09-156xxxx)

・クランクケース内オイル除去・駆動系点検
バッテリージャンピングして始動確認しようとしたら、全くクランクが回らない。キックペダルも全く動かない。駆動系開けたらプーリーの中がグリスまみれだった。
ベルト外してもクランクが回らないので、いよいよ焼き付きだろうと思ったけど、クランクケース下部がやけにオイルまみれなのでインマニ外してみたら、リードバルブまでオイルに浸ってた。
クランクケース内のオイルを取り除いてなんとかクランキングするようになりキャブOHへ。
・キャブレターOH
クランキングするようになったらキャブからガソリンがオーバーフローするようになったので分解。ほぼ全ての穴が詰まっていて、フロートチャンバーには厚さ5mmくらい堆積物がへばりついていた。なんとか綺麗になったので組付けて始動確認実施。

原付市場の日常

2020/02/13 木曜日 雨のち晴れ

ヤマハ ジョグ(SA39J-819xxx)

・セルスイッチ接点、磨きでいけたので交換せず。
・エアフィルター、プラグ交換。両方とも凄い汚れていた。
・駆動系は比較的綺麗。ただ、使用限度は超えていないけれど走行距離の割にベルトが減っていた。劣化の為交換。W/R、クラッチシューは問題無し。オイルシールも問題無し。
・前後タイヤ&エアバルブ交換。タイヤだいぶ固くなっていた。

原付市場の日常

2020/02/11 火曜日(建国記念の日) 晴れ

販売予定車両ホンダ ライブディオ(AF34-xxxxxxx)
・エンジンかからないとの事だったので点検。
・バッテリー交換して試してみたら、エンジンはかかるがクランク異音する為、クランクベアリング交換する事に。
・また色々と再整備箇所あり。
・とりあえず再整備しながらクランク分割。異音の原因は右側(コイル側)のベアリングだった。