CATEGORY 原付市場の日常

原付市場の日常

2020/10/22 木曜日 くもり

ヤマハ 事故修理ジョグ(SA36J-xxxxxx)
試乗実施、異常無し。ヘッドライトが透けるのでアルミテープ貼り付け、形状的に先端の方は施工できず。
サービスと後学のために全くオイルの入ってない状態でオイル交換して20km走ったあとのオイルの状態確認、まあまあ汚れていた。
2回目のオイル交換をして作業完了。

原付市場の日常

2020/10/17 土曜日 雨

ヤマハ シグナスX(SE44J-134xxx)
フロントブレーキフルオーバーホール実施。
ディスクのボルトが1つだけどうしても外れず、ベルトサンダーで頭を飛ばそうとしている途中でようやく回って交換完了。
ブレーキキャリパーオーバーホール、ピストンの片側が一切動かず、エアーでもダメ、叩いても炙ってもダメ、ダメもとで組み付けて片側のピストンに板を挟んでフルードで押し出しに挑戦。
順調にエアーが抜け、かなり時間はかかったがようやくピストンが抜けました。
シールが完全に貼り付き、固着してました。
ピストン、シール、パッド、フルードを交換し作業完了。

原付市場の日常

2020/10/15 木曜日 くもり

ヤマハ ビーノ(SA10J-xxxxxx)
点検実施、エアエレメントが入ってなかった。
劣化して吸い込んだというよりは、いつからかは不明だが意図的に取り外したような感じ。
ベルト・ウエイトローラーは交換必須、クラッチキャリアもかなり脆くなっているので交換をご提案。
プラグはそのままで問題無いが、インマニは念のため交換、キャブも念のため分解清掃をご提案。

原付市場の日常

2020/10/12 月曜日 晴れ

ヤマハ マジェスティ125(5CA-203xxx)
エアクリーナーエレメント交換実施、さらに始動性は良くなったが、信号待ちでストールしてしまう。
フロントブレーキオーバーホール実施、キャリパーのピストンは簡単に抜けたのであっさり完了かと思ったら、キャリパ―サポートが全く動かない。
ハンマーで叩いてもダメ、仕組みが違うのかと思ってパーツリストを確認したが、キャリパーASSYでしか部品が出ないので不明、調べるとどう見ても普通の仕組みなので、万力で固定し破損させないように慎重に叩いたら何とか取り外し完了。
ベルトサンダーで削っても問題無いレベルで、カコイチの錆で固着していた。
グリスアップして組み付けて、フルード替えてエアー抜きして試乗して完了と思ったら、キャブの分解清掃も受注していたことを忘れていました。
キャブレター分解清掃実施、横着して横から取り外せないかと思案したが、無理みたいなので、ボディーカバーからシートから全て取り外してようやくキャブに到達。
スロットルバルブ側に錆のような堆積物があったので徹底的に清掃、かなり時間が遅くなってしまったので、始動確認のみの実施だけどかなり調子が改善したよう。
明日初っ端に試乗してOKなら完了。

原付市場の日常

2020/10/09 金曜日 雨

スズキ スズキ ZZ(CA1PB-xxxxxx)
もう一度CDIを交換したが、症状変わらず。
キャブを分解して清掃、メインジェットが純正セッティングは#72なのに#78が入っていたので新品の#72に交換していたのだが#78に戻してみるも変わらず。
マフラーを社外の新品に交換するも変わらず。
プラグキャップが緩いのかと思って始動中に触ってみたら、ちょっと回転数が上昇、プラグキャップだったかーと思って取り外そうとしたが、アンダーガードを外さないとイグニッションコイルにアクセスできなかったので外したりしていたら、イグニッションコイルに繋がるリード線がガバガバでした。
恐らく、もともと緩かったものがマフラーを何回も脱着している時にさらに緩んだのかも。
仕入れた純正マフラーはやっぱり詰まっているようなので、レッツⅡの純正中古マフラーを取り付けて、アンダーガードを少し加工して、メインジェットも#72に戻して試乗して完成。